新刊案内へリンク 既刊目録へリンク 御注文書へリンク 電網書簡です リンク集へリンク ホームへ
# 私たちは、北国・札幌の小さな出版社です。それでも、本づくりを通して人々の<心>をつなげたい―。書きたい気持ち、読みたい気持ちを育てたい―。そう願い続けています。
「文化」を支え、育て、守る気概は誰にも負けない自負があります。そして、今のニッポン、この国に生きるみんなに言いたいこともいっぱい。

 そんな一つ一つを、ネットレター<電網書簡>としてあなたにお届けします。

 賛同してくださる方は大歓迎。反論・異論を唱えてくださる方はさらに歓迎いたします。どんどんメールをお寄せください!

次上

「夢のありか」

 この一年、夢について書いてきました。それは、日本が夢を持ちにくい国、あるいは夢を持ちにくい時代にあるからです。年間の自殺者はおよそ三万人。交通事故の死者数をはるかに超えます。暗いですよね……。
 飽食の時代といわれて久しく、身の回りにはブランド品があふれ、中学生までが普通に携帯を持つこの頃――なのに満たされず、気持ちがすさみ、貧しく、余裕がありません。
 夢を探せ、とは言いません。人が夢を見つけるものだとは思っていませんから。夢のほうが、それにふさわしい人間を選ぶのです。ある時気づいたら、いつの間にか自分は「こうしたい」「ああなりたい」と思っていた――それが「夢に選ばれる」ということです。他人の真似をしたり、無理をして探しても、夢を見つけられるとは限りません。
 だからこそ、自分だけに用意された夢と出会った方には、納得できるまで追いかけていただきたいのです。たとえ常識や会社と対立しても、カラ元気と意地を総動員して、信じることにのめり込みましょうよ。苦しいことも多い分、喜びも大きくなるはずです。
 来年があなたにとって、そして私にとって、夢に一歩近づける年になりますように。

次
このネットレターに返信する
上

新刊案内既刊目録御注文書電網書簡リンク集HOME